名古屋

遺産分割協議書もしくは離婚協議書は行政書士と弁護士どちらに依頼すべきか?

遺産分割協議書もしくは離婚協議書は行政書士と弁護士どちらに依頼すべきか?

答えは簡単です。
合意があるか無いかを基準に判断すればよいです。
遺産分割協議書の場合には、相続人間で遺産分割の方法などで合意がある場合には、
後々の証拠としてきちんと書類にしておくだけですから行政書士に依頼すべきです。
行政書士は紛争性のある場合には仕事を引き受けできませんので、弁護士費用より安く済むことがほとんどです。
一方で、相続人間で遺産の分け方等で、揉めている場合には弁護士しか選択肢は有りません。
弁護士も専門が様々ですので、なるべく遺産分割に実績がある専門の弁護士に依頼しましょう。

 

また、離婚協議書についても同様です。夫婦で慰謝料に合意がある場合には、弁護士に依頼する必要はありません。後々の証拠としてきちんと書類にしておくだけですから行政書士に依頼するべきです。前述のように行政書士は紛争性のないことを前提に価格設定をしていますので、行政書士のほうが安く済むことがほとんどです。
慰謝料等に合意のない場合、(紛争性がある場合とも言います。)弁護士に依頼するしかありません。もちろん紛争性のある離婚協議書の作成はビジネスとしてみた場合、合意形成や意見の対立した問題の調整は時間も手間もかかります。非常に大変なので、それなりの費用となります。場合によっては年単位の時間になることもあります。

 

遺産分割協議書や離婚協議書の作成について、一見すると行政書士は弁護士業務の一部しかできないので、弁護士に依頼したほうが良いように見えます。しかし行政書士は業務を制限されているおかげで面倒な仕事や合意のないものは正々堂々と仕事をお断りできるということです。
要するに、弁護士は面倒な仕事、手間のかかる仕事を中心にしているので価格が高い、
行政書士は面倒な仕事は最初から引き受けない(引き受けることができない)ので費用が安い。ですので合意のある場合は行政書士、合意のない場合は弁護士に依頼しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ