名古屋

コラム

休学中の留学生で注意すること。

休学中の留学生は在留資格の効力がありません。よって、資格外活動許可を持っていてもアルバイトできないことになります。またアルバイトできる状態は日本に滞在する正当な理由にはなりません。病気、けが等の理由で休学する場合でもアルバイトをしてはならないことになります。
休学して正当な理由なく、日本に残り就労(アルバイト)すると入国管理局に逮捕される可能性があります。
その場合、留学ビザが取り消され、300万円以下の罰金を支払い、
三年以下の懲役を経たのち母国へ強制送還されて、五年間再入国不可
となる可能性があります。
よって、休学中の留学生は母国に帰国するのが原則となります。

内容証明郵便の実務

内容証明郵便の実務

 

内容証明郵便の基礎

 

内容証明郵便とは、お手紙プラスα

 

αとは内容と証明を公に証明してもらう。
言った言わないの水掛け論を防ぐ。
書留郵便では、内容までは証明できない。

 

メリット 証拠価値の高い手紙(クーリングオフ、遺留分減殺請求etc)
内容証明書の作成
五年間保存されるので、保存に適しない感熱紙などは避ける。
形式 一枚当たり26行以内、一行20文字以内、縦書きでも横書きでも可。
(句読点や「」・()なども一文字として計算)

 

同じ書面を三通準備する。自分保存用、相手保存用、郵便局保管用の三通準備する。
(コピー可)

 

使える内容証明郵便の三要素(基本)

 

・証拠
・法律
・行動の三つをそろえて書く。

 

内容証明書の郵送方法
@ 内容証明郵便を取り扱う郵便局へ行く。(ちょっと大きい郵便局)
名古屋市では
・名古屋中央郵便局(名古屋西郵便局JPタワー名古屋内分室)
〒450-8998
愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1
052-446-8300
・名古屋中郵便局
〒460-8799 愛知県名古屋市中区大須3−1−10
052-261-6724
・名古屋北郵便局
〒462-8799 愛知県名古屋市北区辻本通2−20−1
052-911-2344
・名古屋南郵便局
〒457-8799 愛知県名古屋市南区松城町2−29
052-821-9353

・名古屋東郵便局
〒461-8799 愛知県名古屋市東区白壁5−11
052-931-2853
・名古屋港郵便局
〒455-8799 愛知県名古屋市港区港栄2−1−7
052-661-1234
に行きましょう。

 

A 配達証明付きの内容証明郵便と伝える。
B 認証印を押印後、封筒と内容証明書一通を渡してくれる。
C 渡された内容証明書一通を封筒の中に自分で入れ、封をして、再び窓口に出す。
D 所定の料金(約二千円前後)を払って、自分の控用内容証明書一通を受け取る。
E 送付完了
受け取りを拒否された場合、ゆうパック(内容物:お届け物やギフト)にて送付することがおススメ。

 

電子内容証明(e内容証明)
24時間、パソコンから内容証明書を送付できる。
文字数の制限がない。
クレジットカードで支払いができるため便利

 

内容証明書の心理的メリット
内容証明書の本来の証明機能以外に相手の出方を探るなど様々な効果を与えるというメリットがある。
弁護士はただ単なる通知にさえ、FAXで通知すれば済むようなものでさえ内容証明書を送り付けてくる。これは心理的効果を狙っていることが多い。例えば、契約書がない金銭の消費貸借であっても、内容証明書で返済の督促をすることにより、不安になった相手方からの交渉申し入れや回答通知などを引き出すことが可能となる。内容証明郵便では、差出人の強い意志(裁判を覚悟している)が読み取れるので、相手に対して心理的圧迫をかけることができる。
行政書士ももっと内容証明をうまく活用すべきである。

 

内容証明書のデメリット

 

内容証明書には証拠証明機能があるが、使い方を誤ると内容証明を出したほうが脅迫罪・恐喝罪に問われることに注意
逆に高い証明機能のために、相手方に有利な証拠を与えてしまうこともある。
内容証明書は、一旦、出してしまうと撤回ができないため、慎重に行う必要がある。
依頼者の話を鵜呑みにして、安易に内容証明を出すようなことは行政書士業の命取りになる。
内容証明書の宛名と差出人

 

内容証明書の宛名が法人や団体の場合
代表者宛に出す。
必ず、登記簿等で要確認。

 

 

内容証明書作成チェックシート
記入日: 平成 年 月 日
名前:
住所(住民票のあるところ)
本籍:
TEL:                   FAX:
メールPC                 携帯
生年月日西暦   年  月  日生    年齢
職業(勤務先):        勤務先TEL;
本人確認書類 □運転免許証 □個人番号カード □健康保険証 □年金手帳 □パスポート
       □印鑑証明書 □住民票 □戸籍 □その他(       )
備考:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ